市場導入

About Market

挨拶 富平缶市場の昨日と今日、そして明日

挨拶

> 市場導入 > 挨拶

 私たちの富平缶市場は1910年代初の公設市場や登録市場で、朝鮮時代の日本植民地時代の商人たちが自発的に集まって形成され、富平交差点市場と韓国戦争を続けてきた、強い生命力を持った大韓民国代表市場であり、全国初の1号ナイトマーケットである釜山富平缶市場です。

大韓民国第2の都市であり、第1の貿易港、釜山広域市中区に特別なところがあります。 難しい時代庶民の食事と祭祀用品や日常生活用品を販売してきた釜山東部慶南の代表市場富平缶市場は釜山駅からバスで約20分地下鉄で7分移動すると、会うことができる釜山の伝統的な市場です。

2008年の伝統市場の活性化と地域経済の再生のために富平缶市場現代ビジネスの目的のためにぽっかりあいた建物と建物の間にアーケードを設置しました。
アーケードのインストール後に雨が降ったり、寒い冬の風が吹いても、快適にシートを見られるようになりました。
アーケードインストールだけではなく、市場内の店にもスライス変身して、衛生的な面にも気を使って買い物する味が自然によるました。

そして2013年10月大韓民国最初の1号ナイトマーケットでドアを開けて、釜山を代表するナイトスポットであり、これを観光商品として活用して、国内外の観光客に関心誘導はもちろん、伝統的な市場活性化事業の成功モデルとして定着しました。

開場以来、平日は一日平均2千〜3千人、週末には8千人以上が検索します。約1600人の商人とそれだけの様々な商品を路地ごとに会うことができる特別な場所市場の商人たちの豊かで自由に人心そして人の臭いが漂う場所釜山富平缶市場です。

120年の歴史と文化また、過去と現在が共存し、新しい未来を創造する富平缶市場に来なさい!

ありがとうございます。

# #

メール無断収集拒否